人気・おすすめの美容ドリンクランキング

ホルモンバランスと美容の関係

 

ホルモンバランスという言葉自体はよく耳にしますがなんとなく知っている程度で、詳細を知っている方は多くないと思います。女性ホルモンが乱れることでお肌や体調に変化として現れます。大事なのは調度良いバランスだということを理解し、ホルモンバランスが乱れる原因を把握することで対策していきましょう。

 

 

【女性ホルモンの種類】

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)

美肌ホルモンとも呼ばれるエストロゲンは妊娠の準備に関する役割があります。美容効果としては肌の弾力や潤いを保つ成分のコラーゲンやエラスチンなどの合成を促す効果があります。また代謝も促進され脂肪が燃焼しやすい状態のため、エストロゲンの分泌が多い卵胞期はダイエットのチャンスでもあります。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロンは受精卵が着床しやすいよう血液量や体温を上げて子宮内膜の厚みを保つ働きをします。しかし吹き出物が出来やすくなるなど美容の面ではあまり嬉しくない作用もあります。

 

 

【ホルモンバランスが乱れる原因】

 

睡眠不足

睡眠時には様々なホルモンが分泌されておりこれが不足することでホルモンのバランスが乱れてしまいます。夜更かしはお肌に悪いなどと言われていますが睡眠不足によるお肌への悪影響はホルモンバランスの乱れによるものです。またホルモンの分泌が22時から翌2時に活発になることなどからもキチンとした睡眠時間の確保と質の良い睡眠は美肌に関係しているといえるでしょう。

 

ストレス

人の体はある程度のストレスであれば耐えられるようにできています。しかし過度のストレスが継続してかかると自律神経が乱され、ホルモンのバランスも崩れてしまいます。かといってストレス社会と言われる現代でストレスを受けずに生活するのは困難でしょう。自分なりのストレス発散や解消法を見つけてストレスを溜め込み過ぎないようにしましょう。

 

食生活の乱れ

コンビニやファストフードなど手軽で便利な食事ばかりとっていると栄養バランスが偏り、自律神経の乱れや腸内環境の悪化へ繋がりホルモンバランスが乱れる原因になります。エストロゲンの代謝に関わるビタミンB6やプロゲステロンの材料となるビタミンEをとることで女性ホルモンのバランスを調整してくれますが、基本的には栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

 

運動不足

仕事が忙しかったりするとどうしても運動不足になってしまいます。適度に運動をすることで自律神経が活性化されホルモンバランスも整ってきます。日頃の通勤では歩く距離を少し増やしたり、いつもより早足で歩いてみたりするだけでも効果があります。また適度な運動はストレス解消にもなるので積極的に行いましょう。