人気・おすすめの美容ドリンクランキング

何かが欠けると美容にマイナス影響?総合的な栄養を摂る意味とは

 

特定の成分が美容にいいからといって、その成分が含まれるものばかりを取っていればいいかというとそうではありません。栄養バランスがとれているからこそ相互に作用しあって美容効果が生まれるのです。

 

 

【腸の調子を整える】

腸の調子を整えると体調がよくなる他に美肌効果もあります。食べ物を消化して栄養を吸収しているだけでなく、腸内には善玉菌と悪玉菌があり善玉菌の数が多い状態をキープすることで腸内環境をよく保つことができます。ではその腸内環境の良くするには実際にどうすればよいのでしょう。

 

食物繊維をとる

緑黄色野菜に多く含まれる食物繊維を取ることで腸内に溜まっている老廃物を除去してくれます。肉食中心の現代では意識的に緑黄色野菜をとるようにしないと不足しがちなので、メニューにサラダを加えてみたり野菜ジュースを飲むようにしたりなど工夫して摂取するようにしましょう。

 

ビフィズス菌や乳酸菌をとる

ヨーグルトに含まれる成分などでよく目にすると思いますが、ビフィズス菌や乳酸菌は善玉菌と呼ばれ腸内環境を整えてくれます。

 

オリゴ糖をとる

ビフィズス菌や乳酸菌などを摂取し取り入れるのもよいですが、体内に元々存在する善玉菌を増やすことも効果的です。オリゴ糖は善玉菌の栄養となり、善玉菌を増やす働きがあるので積極的に摂取したいですね。玉ねぎ、キャベツ、大豆、はちみつなどもオリゴ糖を多く含む食品になります。しかし摂取し過ぎるとお腹をくだすこともあるようなので注意しましょう。

 

 

【肝臓を正常に機能させて身体の毒素排出を促す】

一見すると肝臓と美容は関係ないように思うでしょう。しかし肝臓は美容に関して重要な働きを持っているのです。肝臓の働きは栄養素を蓄え、体内の有害物質を分解し、老廃物を排出する胆汁を作り出します。これらの働きが鈍ることで血液中に体内に不要なものが流れるようになってしまい、肌の状態が悪くなります。

 

肝臓の働きを良くする

沈黙の臓器とも呼ばれる肝臓は調子が落ちていてもなかなかわかりづらいものです。アルコールや脂っこいものを摂り過ぎるとそれらを分解するために肝臓は頑張りすぎてしまいます。肝臓の調子をよくするには抗酸化作用のあるビタミンA、C、Eや腸内環境をよくする食物繊維、ミネラルも肝機能を向上させてくれるのでこれらを中心的に摂取するとよいでしょう。また睡眠不足、ストレス、運動不足、喫煙、薬の多用によっても肝臓の機能は低下してしまいます。

 

 

これらの他にも様々な栄養素が美容に影響してくるので、特定の栄養素だけでなくバランスのよい栄養をとるようにしましょう。